外壁塗装

外壁塗装

なぜ外壁の塗装や貼替えが必要なのでしょうか? それは塗膜が劣化するためです。

日本には四季があります

寒暖の差や気象状況により、塗料の膜(塗膜)に経年劣化が生じます。

日本の外装材は材質そのものを保護する目的で塗装されており、この環境変化による経年劣化を踏まえ開発されています。

しかし残念なことに、永久に耐できる塗料は存在しません。

そのため定期的な塗装が必要となります。

劣化の種類 外壁の劣化

塗膜の劣化により外壁全体から雨や湿気、夜露や霜による水分が家屋へと侵入します。 その水分は目視で確認できない状況で木や鉄を腐食させます。

また、ヒビ割れ部分は得に処置が必要になります。

画像 008

定期的な塗装メンテナンス

ジョイフル本田リフォームでは経年劣化の状況を無料で現場調査しております。その診断結果によりメンテナンスの必要性と、どのような工事をすべきかをご提案させていただきます。

また、外壁だけが注目されがちですが、屋根や雨樋も重要なメンテナンス対象となっています。MMO_aoiamadoi_TP_V

無題2

「プレミアムシリコン塗装」とは?

外壁用塗装も家を守る為、環境を守る為、進化をしています。

その中で近年、急速に注目度を高めている塗料が「プレミアムシリコン」です。

塗膜は紫外線、酸素、水などの影響で塗膜の中に劣化因子(ラジカル)が発生し、結合樹脂が破壊されてしまうことが塗膜劣化の原因となっていました。
塗膜が劣化することにより、外壁を触った際に手に付く白い粉状のものが付着する現象(チョーキング)や塗膜のひび割れが発生することとなります。

「プレミアムシリコン」塗装はラジカルを3つの力でガードします。
「高緻密無機シールド層」と「高緻密有機シールド層」で顔料を強力に保護し、
「超耐候形特殊ハイブリッドシリコン樹脂」がラジカルを補足、塗膜劣化を抑制します。

塗膜が長持ちする為、塗り替え回数も軽減、また、密度の高い架橋塗膜は外部の汚れを付着させにくく、カビなどの発生も抑制。

プレミアムシリコンの登場は2014年末とまだ日は浅いですが、その性能から瞬く間に外壁塗装のメインコンテンツとして成長を遂げました。

コストと品質を高いレベルで両立した「プレミアムシリコン塗装」、
ジョイフル本田リフォームが自信を持ってお薦めする外壁塗装の新スタンダードです。

夢袋フェア